メタバリアSの血糖値に対する実証データ

富士フィルムのメタバリアSは、血糖値に対する効果が実証データで認められています。

日本食品新素材研究会誌には、健常な人14名を対象とした実験について掲載されていました。

被験者にはサラシアかプラセボを摂取させてから、50gのショ糖を摂取させました。

ここでプラセボとして使用したのは、見た目や味はサラシアと類似していて、有効成分が含まれていないものです。

ショ糖を摂取して30分後、60分後、120分後の血糖値の変化を測定したところ、以下のようなことが分かりました。

・プラセボを摂取して30分後の血糖値⇒138㎎/dL前後
・サラシアを摂取して30分後の血糖値⇒129㎎/dL前後

サラシアを摂取して30分後は、プラセボを摂取した時の約10㎎/dLも血糖値の上昇が抑えられました。

そして、血糖値が上昇した後は、緩やかに下降して120分後に元に戻りました。

一方、プラセボを摂取した場合は、サラシアを摂取した場合と比較すると血糖値が急激に上昇します。

その後で急激に下降するので、120分後の血糖値はサラシアを摂取した後と変わりません。

ただ、血糖値の急激な変化は、日常化させてしまうと体に負担がかかります。

メタバリアSでサラシアを摂取すれば、食後の血糖値の変化を緩やかにして、体に負担のかからない食生活が可能です。

富士フィルムのメタバリアSの実績

メタバリアSを作り出した富士フィルムは、大手メーカーとして高度な技術力を持っています。

健康的な食生活を支えるために試行錯誤を繰り返した結果、新しいメカニズムを発見しました。

それが、糖の吸収を抑える機能、腸内を改善する機能の2つの機能を連鎖的に起こすメカニズムです。

日本で初めてWの機能を持つ、機能性表示食品を生み出すことに成功しました。

こんなメタバリアSには、以下の素晴らしい実績があります。

・㈱富士経済の機能志向食品編ダイエットカテゴリーサラシア2014年でサラシア売上メーカーNo.1
・2007年10月~2017年4月販売分のメタバリアシリーズの累計販売個数500万個突破

「メタバリアシリーズ」とありますが、メタバリアSの他にも次のシリーズ商品があります。
・メタバリアプレミアムS
・メタバリア葛の花イソフラボン
・メタファイア

メタバリアプレミアムSはサラシアが糖を、海藻ポリフェノールが脂をサポートします。

代謝を促すホット成分として、トウガラシエキスやヒハツエキスも配合されています。

それから、メタバリア葛の花イソフラボンは葛の花イソフラボンで、内臓脂肪や皮下脂肪などの脂肪の減少をサポートします。

健康的に体重を減らして、ウエスト周りをスッキリしたい方にお勧めです。

メタファイヤはアミノ酸「L-カルニチン」で、年齢とともに低下する代謝をサポートします。

トウガラシエキス、ヒハツエキス、ショウガなど、3つのホット成分も含まれています。

実績の高いメタバリアシリーズの中でも、メタバリアSは特に血糖値や便秘の悩みを抱えている方に人気があります。