富士フィルムのメタバリアSの飲み方

富士フィルムのメタバリアSは、錠剤型のサプリメントになっています。

1日の目安量が8粒なので、体調や生活に合わせて量を調整して飲みましょう。

まず、メタバリアSを飲むタイミングとしては、食前に飲むのがもっとも効果的とされています。

「血糖値が上昇する前=食前」に飲むことで、血糖値の上昇を抑える効果が十分に実感しやすくなります。

サプリメントの効果を確認する実証データでも、被験者にショ糖を摂取する前にサラシアかプラセボを摂取させています。

ただ、メタバリアSの効果は、「血糖値の上昇の抑制」だけでなく「腸内環境の改善」もです。

なので、食前に飲み忘れてしまった場合は、食後に飲むのでも効果は期待できます。

また、メタバリアSの効果は、飲んでから2時間くらい持続すると言われています。

もう少し効果を長続きさせたい場合には、以下のようなタイミングに2粒ずつ飲む方法もあります。

・昼食前
・昼食と夕食の間
・夕食前
・夕食の2時間後

このようなタイミングでメタバリアSを飲めば、1日の目安量の8粒の効果を4回に分散できます。

夕食だけ万全の対策をしたい場合は、夕食前と夕食の2時間後に2粒ずつか4粒ずつ飲むのも良いでしょう。

8粒はあくまでも1日の目安量で、絶対に8粒飲まなければならない訳ではありません。

初めは2粒ずつから始めて、効果を見ながら目安量にしてみるのもお勧めです。