富士フィルムのメタバリアSがお勧めな人

富士フィルムのメタバリアSは、健康的に糖質オフを補助してくれる機能性表示食品です。

10代や20代の若いうちは、気にしなくても簡単に健康体でいられました。

ところが、年齢とともに健康や体型に関する悩みが、どんどん増えているように感じませんか。

・それほど食べていないのに太る
・食事に気を遣っているつもりでも体重が落ちにくい
・定期健診で食生活に関する指摘を受けた

このような悩みは中年以降の多くの方が抱えるものですが、実は気付かないうちに糖質を過剰摂取していることもよくあるのです。

角砂糖に換算すると、「カレー1皿=32個分」「パスタ1皿=17.9個分」「ショートケーキ1ピース=17個分」になると言われています。

「1皿だけ」とか「1ピースだけ」でも、大量の角砂糖を摂ってしまっているのです。

糖分はたくさん摂るほど、脂肪として体内に溜まりやすいので注意が必要です。

だからと言って、極端に糖質制限や食事制限を行うのも、かえって体に負担をかけてしまう危険性があります。

と言う訳で、こんな方にはメタバリアSがお勧めです。

・甘いものが習慣になっている
・ご飯をお代わりすることが多い
・外食の機会が多い
・食生活に注意しても太る
・便秘になりやすい

メタバリアSは飲むだけで糖の吸収を抑えて、腸内環境を整えることが可能です。

メタバリアSについて詳しいサイトを見つけましたのでご紹介します。メタバリアS 口コミ

富士フィルムのメタバリアSの飲み方

富士フィルムのメタバリアSは、錠剤型のサプリメントになっています。

1日の目安量が8粒なので、体調や生活に合わせて量を調整して飲みましょう。

まず、メタバリアSを飲むタイミングとしては、食前に飲むのがもっとも効果的とされています。

「血糖値が上昇する前=食前」に飲むことで、血糖値の上昇を抑える効果が十分に実感しやすくなります。

サプリメントの効果を確認する実証データでも、被験者にショ糖を摂取する前にサラシアかプラセボを摂取させています。

ただ、メタバリアSの効果は、「血糖値の上昇の抑制」だけでなく「腸内環境の改善」もです。

なので、食前に飲み忘れてしまった場合は、食後に飲むのでも効果は期待できます。

また、メタバリアSの効果は、飲んでから2時間くらい持続すると言われています。

もう少し効果を長続きさせたい場合には、以下のようなタイミングに2粒ずつ飲む方法もあります。

・昼食前
・昼食と夕食の間
・夕食前
・夕食の2時間後

このようなタイミングでメタバリアSを飲めば、1日の目安量の8粒の効果を4回に分散できます。

夕食だけ万全の対策をしたい場合は、夕食前と夕食の2時間後に2粒ずつか4粒ずつ飲むのも良いでしょう。

8粒はあくまでも1日の目安量で、絶対に8粒飲まなければならない訳ではありません。

初めは2粒ずつから始めて、効果を見ながら目安量にしてみるのもお勧めです。

富士フィルムのメタバリアSの注意点

富士フィルムのメタバリアSは、機能性表示食品としての品質が認められている点で安心です。

ただ、こんな安心なサプリメントにも、以下のような注意点があります。

・持病のある方は医師に、医薬品を服用している方は医師や薬剤師に相談すること
・医薬品の中でも特に糖尿病薬を服用中、通院中の場合は医師に相談すること
・体調が悪くなった場合は、すぐに服用を中止して医師に相談すること
・原材料をよく確認して、食物アレルギー持ちの方は服用しないこと
・1日8粒の目安量を守ること

絶対に見逃してはいけない注意点は、主に上記のようなことです。

ちなみに、メタバリアSは持病のある方、未成年者、妊産婦、授乳婦を対象とした商品ではありません。

妊活中の方も体への影響を考慮して、念のため避けておくのが無難です。

それでもメタバリアSを摂取したい場合は、せめて医師に確認してからにしましょう。

また、何もせずにサプリメントだけに、健康効果を求めてはいけません。

・主食、主菜、副菜を取り入れたバランスの良い食生活
・適度な運動を習慣にすること

バランスの良い栄養補給と適度な運動は、健康維持や健康増進の基本です。

健康的な生活を心掛けながら、補助的なアイテムとしてメタバリアSを有効活用しましょう。